子育て!PT・STのブログ

発達に悩みがあるお子さん、その親御さんに向けたブログです。医療、保育の専門職としての視点から書いています!

オススメおもちゃ紹介!運動面編

運動発達を促すのにいいおもちゃはないかな…?

 

ひとつのおもちゃばかり使わせているけど、いろいろ使わせた方がいいかなぁ…

 

 

このように、おもちゃひとつとっても、悩みをお持ちの方いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

こんにちは!理学療法士、保育士のゴンです!

 

今回は運動面の発達段階に応じた、オススメのおもちゃについて紹介していきます!

 

商品リンクも貼りますので、興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね!

 

では早速いきましょう!!

 

 

 

 

寝返り以前

 

寝返りをする前のお子さんにオススメなのはこちらです。

 

 

そう、モビールです。

 

天井など高さがあるところからぶら下げて使うおもちゃです。

 

使うと言っても、ただ見てるだけ、たまに触って揺らすくらいのものです。

 

じゃあどんな意味があるのか?

3つあります。

 

①物を見る力を養うのに役立ちます。

ゆらゆらと揺れるモビールを見ることは目の運動になります。

何かを「見たい」と思うのは、運動のきっかけにもなります。

 

②集中力を養うのに役立つ。

一つのものを見つめ続けることで、集中力が養われると言われています。

物への興味も引き出されるでしょうね。

 

③手を伸ばすなど運動を引き出す。

「見たい」はだんだんと「触りたい」になってきます。

仰向けに寝ているだけの赤ちゃんが天井に手を伸ばす、これも立派な運動です。

 

 

また、基本的に高いところにあるので、触りたいがために立ち上がるのを促したり、立ち歩くようになってもつま先立ちを促したりなど、色々な用途が考えられます。

 

単純に、見ているだけで大人も癒されますしね♪

 

 

 

 

寝返り〜ハイハイ

 

大体5カ月〜1歳くらいまでのお子さんにオススメのおもちゃはこちら!

 

ご存知の方も多いでしょうか?

 

このようなボールは寝返りやずり這い、ハイハイを促すのに有用です。

 

カラカラと音はするし、目につきやすい色だしで最適です。

 

また、移動して掴もうとした時、ちゃんと掴みやすくなっているのもポイントです。

 

手が小さくて普通のボールを掴めないお子さんでも持つことができます。

 

追いかけた→掴めた→音が鳴った→楽しい

というサイクルがあることで子どもは夢中になってくれます。

 

“自分で掴んで操作できる”というのが大事です。

 

 

 

 

かまり立ち〜伝い歩き

 

 

 

「つかまり立ちをするようになったけど、いい高さの机がない!」

ベビーゲート(ベビーサークル)で伝い歩きするけど、グラグラするし危なっかしい…」

 

そんなお子さんにオススメなのが↑のような昇降可能なテーブルです(おもちゃじゃなくなりましたね笑)。

 

昇降テーブルやリフティングテーブルというみたいです。

 

かまり立ちや伝い歩きの練習をする時には、お子さんのへそくらいの高さになるようにテーブルを調節しましょう♪

 

また、机の上におもちゃを置くのも立つことへのモチベーションアップに繋がります。

机の上をおもちゃが滑って落ちそうで危ないという場合には、滑り止めを活用してくださいね。

 

お子さんの成長や、その時の用途に合わせて高さが変えられるのは結構便利ですよ(^◇^)

 

 

 

 

手指の使い方の練習になるおもちゃ

 

アンパンマンのおおきなよくばりボックスはオススメです!笑

 

↑のように、押す叩くだけでなく、つまんだり回したりたくさんの手の使い方を学ぶことができます。

 

それに加え、ケチャップが出てきたり、型はめがあったり、本がくっついていたりと楽しめる要素が満載です。

 

このおもちゃ一つで何個分の楽しみ方ができるのか、ちょっと数え切れません(笑)。

 

楽しみながら運動発達を促せる、素敵なおもちゃだと思います♪

 

 

 

番外編

ここでは安全に配慮するための道具を紹介したいと思います。

 

①コーナーガード

「もう使ってるよ!」という声が聞こえてきそうですが、一応載せておきます(笑)。

 

家の中にある角という角に貼って安全を確保している方も多いと思います。

 

またプラスαとして、昇降テーブルなどに使うと縁ができるので、おもちゃが落ちにくくなるというメリットもあります。

ボールを使ったおもちゃで遊んでいても、いちいち床に落ちないので遊びやすくなりますよ♪

 

 

ベビーゲート

先ほどチラッと出ましたがベビーゲート(ベビーサークル)も非常に有用なアイテムです。

 

もちろん、キッチンなど危ないところに行かないようにするという用途もありますし、ボールなどのおもちゃが遠くまで転がらないように部屋を区切るのにも使えます。

 

上手く使うと安全に遊べるだけでなく、遊びの幅を広げることにも繋がっていきますよ♪

 

 

 

 

まとめ

今回は運動発達に役立つおもちゃや道具をご紹介しました。

 

ぜひ参考にしていただきたいと思うと同時に、時間がある時には色々とおもちゃを調べてみてほしいと思います。

 

なぜ調べてほしいかと言うと、どんなおもちゃを喜んでくれるか考えること自体が、どう子育てしていきたいかを考えることに繋がると思うからです。

 

「うちの子このおもちゃなら楽しく遊べそうかも」

「もう少し大きくなったらこれ買ってあげたいな」

と考えながら、お子さんの発達段階を気を付けて見てみたり、遊びの幅を広げようと策を練ったりできたら素敵だと思います♪

 

 

それでは今回はこの辺で!

 

 

※リンク先のおもちゃによって事故があっても当方では責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

ダウン症の子のすごいとこ!

病気や障害と聞くとネガティブなことばかり考えてしまう…

 

どうしても悪いところばかりが目についてしまう…

 

 

それは普通のことかもしれません。

 

でも、いいとこもそうでないとこもあるのが人間です!笑

 

 

この写真の意味は読み終わったらわかるはず(笑)

 

 

こんにちは!

理学療法士、保育士のゴンです!

 

冒頭よくわからない話をしましたが…笑

 

今回はダウン症の子のポジティブな面について考えていきます。

 

なぜポジティブな面を考えるのか?それって必要なのか?

 

…必要です!

 

リハビリや療育、もちろん子育ても、お子さんの発達・発育を促していきたいと思ってやっていますよね。

 

その中で、“苦手を克服したい”とは誰もが思うことです。

 

今までできなかった着替えができるようになる、登れなかった階段を登れるようになる。

とっても素敵なことです。

 

それと同時に”いいところを伸ばす”のはなぜ必要か?

 

それは、『自分にはこんな長所があるんだ』『褒めてもらえて嬉しいな』と思う心、自尊心や自己肯定感を育むのに役立つことに加え、他の苦手な面をカバーしうるからです。

 

またゴン個人としては、芸術面をはじめとする才能を伸ばすことで、作業所や特例子会社にとらわれない働き方の選択が可能になるのではと考えています。

 

…と熱く語り始めると本題から逸れてしまうので、それはまた今度にします(笑)

 

 

それでは、ダウン症の子のすごいところを発表していきます!

 

 

 

①人懐っこい

これは思い当たる人も多いのではないでしょうか。

 

明るくてよく笑うお子さんが多く、“あんまり喋れなくても心は通じている”と感じさせてくれます。

 

言葉はなくても、指差しやジェスチャーなどでコミュニケーション取るために、人懐っこさは武器になります。

 

苦手な“言葉”をカバーしうる特長だと思います。

 

 

 

②体が柔らかい

以前↓の記事でも書きましたが、体が柔らかいことはネガティブな要素もあります。

kosodateptst.hatenablog.com

 

ですが、体が硬すぎるより柔らかい方が着替えがしやすかったり(特に上着を着る時)、いろんな姿勢をとれたりするなどのメリットもあります。

 

いろんな姿勢がとれるということはスポーツなどで有利に働くこともあります。

 

ダンスなどでは体の柔らかさが活きることも多いようですね♪

 

 

おもちゃプレゼント!!

 

③音楽が好き

音楽が好きで楽器を鳴らしたり踊ったりするのが好きな子は多いです。

 

音楽を通じたコミュニケーションは促せるし、いろんな体の動かし方を練習できるし、歌ったら発声も増やせるし、いいことばかりです。

 

音楽に合わせて踊るなど身体を動かすことは、ダウン症の子に多い肥満の解消にも役立ちます。

 

音楽サークルなど新たなコミュニティに入ったりすれば交友関係も広がり、いろんな人から刺激を受けて成長できそうですね!

 

 

 

④おとなしい

元気な子は多く、常に動き回っていることもあるのですが、声はあまり出さないという特徴もあります。

 

これは発声の苦手さからくるものでもあるのですが、静かにしなくてはならない場所などでは空気を読んで静かにしてくれていることも多くみられます。

 

小さな頃も“おとなしくて助かった”とおっしゃる親御さんが多い印象があります。

 

 

 

⑤世話を焼くのが好き

特に年下のお子さんなどの世話をしようと優しくしてくれる子が多いです。

 

おもちゃを持ってきてくれたり、保護者の手伝いをしてくれたりなど、人との関わりが好きなことがわかります。

 

世話を焼くこと自体がコミュニケーションになっており、やりとりの練習になっていることも多いです。

 

 

 

まとめ

今回挙げたポジティブな面から考えらることとして、『周りの方から愛され、いろんな関わりに刺激されながら成長していける。』があると思います。

 

大人にも年下の子にも分け隔てなく接することで、思いやりやさまざまなコミュニケーション方法を学ぶことができます。

 

音楽やダンスなど、共通の趣味を持つ人たちと関わることは本人の生きがいにもなるし、長い人生を支え合う友人を作るということにもつながってきます。

 

多くの周りの人を巻き込みながら社会の結束を強めてくれる、そんな不思議な力を持っているのかもしれません。

 

今回挙げたもの以外にもポジティブなところをたくさん見つけて、たくさん褒めて、たくさん笑って過ごしていけたら素敵ですね♪

 

 

それでは、今回はこの辺で!

 

 

ダウン症の子におすすめの運動5選!【歩き始め〜のお子さん向け】

病院や民間療育(児童発達支援施設など)ではたくさん運動してるけど、家ではあんなことできないよなぁ…

 

理学療法士の先生にやってもらわないと、ちゃんとした練習にならないのかなぁ…?

 

 

そんなこと思っていませんか?

 

 

 

こんにちは!

理学療法士、保育士のゴンです!

 

今回は、お子さん向けのトレーニングの中から、家庭でもできる運動を紹介します!

 

ダウン症のお子さんにも勧めたいモノですが、どんなお子さんがやってもいい事づくめの運動だけをお伝えします。

 

そろそろ歩きそうなお子さんや、1人で歩いているけど不安定なお子さん、普通に歩いているけど椅子でいい姿勢を保つのが苦手なお子さんなど、周りにいたらぜひオススメしてくださいね♪

 

 

 

 

 

①ハイハイ

何度目の登場でしょうか、ハイハイ(笑)

でも、とっても重要な運動であるのに家でもできるという点から、やっぱり外せない運動です。

kosodateptst.hatenablog.com


<効果>

体幹筋の筋力向上

→座っているときや歩くときの姿勢が良くなる

 

・身体をひねる練習になる

→歩き方を効率的にするのに必要

 

 

<+αポイント>

・コースを作ってハイハイしてみよう!

→枕や布団などで作ったコースの上を進むことで負荷がアップ!お腹周りやお尻の力をつけるのにgood!

 

・一緒に雑巾掛けをしてみよう!

→ハイハイではなく足の裏をついて雑巾掛けできるならそれもgood!もちろんハイハイで雑巾掛けしても効果はあります。お子さんと廊下で雑巾掛けレースしてみては?

 

 

 

 

②布団の上を歩く

こんなの毎朝やってるよ?という方もいらっしゃるかなと思いますが、これもいいトレーニングになります!

安全に十分配慮した上でやってみてください!

 

<効果>

・特に足首でバランスをとる練習になる

→屋外など地面が凸凹したところでもうまく歩けるようになる

 

・上手に転ぶ練習ができる

→転んでもケガしにくい環境で転ぶ練習をしておくのはとっても大切!転んだ時に手をついたり、お尻をつくようにしたりなど、怪我しにくい転び方を覚えておくことで積極的に歩けるようになるといいですね!

 

 

<+αポイント>

・より柔らかいものの上を歩いてみよう!

→布団よりベッドマットなど、柔らかいものになればなるほど難易度は上がります。大人でも結構難しいかも?

 

 

 

 

手押し相撲

お子さんとスキンシップしているつもりがトレーニングに!一石二鳥の運動遊びです。

 

このように正座して向き合い、手を伸ばして押し合います。

 

手をパーにしたまま押し合うもよし、大人と子どもが手を握り合って押し合うのもよしです!

 

正座が難しい子は他の座り方でも大丈夫です。

 

 

<効果>

・腹筋などの体幹筋の筋力向上につながる

→様々な姿勢の安定化

 

・前方に体重をかける練習になる

→坂道を登るときなど、身体を前に倒して動く練習になる

 

 

<+αポイント>

・座る位置を調節して、お子さんの腕がピーンと伸びるようにしよう!

→肘をまっすぐ伸ばして押そうとすると、腕の力がほとんど使えないためより腹筋に力が入ります。

 

・反動をつけないようにしよう!

→上半身を前後に揺すって押さないように誘導すると、持続的に腹筋に力が入るためgood!互いに手を握り合った方が誘導しやすいです♪

 

 

 

 

④トランポリン

トランポリンが必要ですが、最近はトランポリンみたいに跳ねることができるクッションも売られているみたいなので、気になる方はチェックしてみて下さいね♪

 

また、床からジャンプするだけでもいい運動です!

 

最近はトランポリンみたいに跳ねることができるクッションも売られているみたいなので、気になる方はチェックしてみて下さいね♪

 

お子さんがエレベーターのボタンを押したい時など、ただ抱っこするのではなくジャンプするのを補助してあげるようにするととってもいいですね♪

 

<効果>

・背筋や臀筋、大腿四頭筋など、抗重力筋が鍛えられる

→姿勢が良くなる、遊びの幅が広がる(跳び箱や縄跳びなど)

 

・下腿三頭筋(ふくらはぎ)が鍛えられる

→凸凹した道などで踏ん張りを効かせて歩けるようになる

 

 

<+αポイント>

・トランポリンに立ってジャンプするのが難しい子は、座って弾ませてもらうのでもOK!

→揺れているところで座っている姿勢を保つだけでも、体幹筋を鍛える効果があります。

※環軸椎亜脱臼があるお子さんなどは揺れの強さに気をつけて下さい。

 

 

 

 

 

⑤ボール遊び

ボールで遊ぶのもメリット尽くし!楽しみながらトレーニングしちゃおう!

 

 

野球のように投げてもいいし、下の絵のように投げてもいいです。

蹴るならサッカーのようにやってみましょう!

 

 

<効果>

・腹筋群(腹直筋、腹斜筋)が鍛えられる

→姿勢が安定しやすくなる

 

・片足立ちで身体をコントロールする練習になる

→階段や坂を登るときに活かされる

 

 

<+αポイント>

・大きいボールで遊ぼう!

→大きい・重いボールの方が負荷が上がるため、より筋トレになります!

 

・思いっきり投げる・蹴る

→遠くまでボールを飛ばそうとすると動きが大きくなるため効果UP!

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ゴンも療育病院で働いているときにたくさん行ってきたものを紹介しました。

 

姿勢の調節などは理学療法士のような専門職に任せた方がいいですが、今回紹介したような運動はぜひご家庭でもやっていただきたいです!(ケガには十分ご注意ください)

 

ダウン症以外のお子さんにもおすすめの運動なので、ぜひ周りの方に広めてください♪

 

 

それでは今回はこの辺で!

 

ダウン症の子への言語訓練!どんなことするの?

f:id:kosodateptst:20220406182407p:plain



 

こんにちは、言語聴覚士のちぃです♪


今回はダウン症のお子さんと言語訓練でどんなことをしていたのか、簡単にお話ししていきたいと思います!

 

結論から言うと...

基本的には他の発達障害のお子さんとやっていることは変わらないです!


言葉の発達段階に沿った声掛けをして、喋ることへの興味を引き出してあげます。


言語発達については以前の記事に書いてあるので、こちらもお時間があれば併せてご参照ください👇

 

kosodateptst.hatenablog.com

 

大まかにどんな訓練をやっていたのか、お子さんの発達段階ごとに簡単にお話ししたいと思います😄

 

 

 

【りらくる】

 

 

 

◇発語未獲得◇

 

おもちゃや手遊び歌などを通して、

・一緒に遊びながら相手を意識すること

・物の因果関係を学ぶこと

・身近な物の名前を理解すること

の手助けを目的に関わっていきます。

 

例えば…

🐤「あたまかたひざぽん」をゆっくり歌いながらその部分を一緒に触る。
🐤ボタンを押すと光るおもちゃで一緒に遊びながら、「押すよ~」「光ったね!」「せ~の」など声掛けをする。

 

 

 

 

◇発声~単語◇


物の名前をサインと言葉とを用いながら学んでいくことを目的に関わっています

 

例えば…
🐤ままごと遊びの時に「りんご」と言葉とサインで見せてから渡す。
🐤ネコをじっと見ていたら「にゃんにゃん」と言いながらサインを見せ、子どもの手を取って同じ動作をやってみる。

 

 

 

 

◇単語以上◇


語彙を広げ、語連鎖へと繋げていくことを目的に関わっています。

 

例えば...
🐤ままごと遊びで「りんご 食べる」「バナナ 美味しい」などサインと言葉を用いて話す。
🐤絵カードを見せて「大きい ぼうし」「くまさん 泣いてる」…などサインと共に言葉かけする。

 

 

 

 

◇まとめ◇

 

一部になりますが、こんなことをやっていました!


あえて特徴として挙げるのであれば、サイン👐を用いた訓練をほとんど必ずと言っていいほど行っています!

 

サインを用いる理由は、耳で聞いた情報よりも目で見た情報の方が処理しやすいからです(視覚優位と言います)。

 

 

ダウン症の特徴として、”耳で聞いた情報を覚えておくのが苦手”というものがあります。

 

例えば、「うさぎ」と言うと「ぎ!」と返すお子さんがよくいます。

 

これは、「う」「さ」「ぎ」の3文字を聞いて覚えるのが難しく、最後の「ぎ」の音だけを覚えられたため、唯一覚えた「ぎ!」だけを真似して言っていると考えられます🐰

 

このように聞いて覚えておける言葉(音)の数が少ないと、なかなか発語に繋がりにくいです。

 

そこで簡単に真似しやすいサインが登場するのです☝️

 

 

例えばうさぎ🐰のサイン

“頭の上に両手を持ってきてうさぎの耳を作る”

は誰もが知っているサインのひとつです👐

 

うさぎを見る度、お子さんに「うさぎ」と言いながらサインを見せてあげてください。

 

「うさぎ」の3文字を覚えるよりもサインの方が覚えやすく真似しやすいので、使ってくれる頻度が増えるかもしれません☺️


サインの良いところのもうひとつは、発音が苦手なダウン症のお子さんでも分かりやすく伝えられるというところです。

 

ダウン症の方はベロが大きかったり顎が小さかったりと、体の形態的にも発音が苦手な子が多いです。

 

サインなら発音関係なく相手に伝えることができ、聞く方も理解しやすいです🙆‍♀️

 

 

 

 

 

じゃあどんなサインをすればいいの?🤔

 

私たち療育に携わる人間はよく「マカトン」と言われるサインの講習を受けて使っています。

 

興味がある方は「マカトン協会」があるので調べてみてください!

 

でも私個人的にはサインに「こうしなきゃ!」「あーしなきゃ💦」というのはないと思っています。

 

まずは、お子さんとご家族の間で使いやすいサインを使い、コミュニケーションを取っていくことの方が大切だと思うからです😌

 

言葉の発達の為にとても大切なこと、それは

「伝わる楽しさ」

を教えてあげることです。

 

まずはサインでも良いので、相手に言いたいことを伝えられたという経験をいっぱい作ってください!

 

コミュニケーションを楽しみましょう!

 


それでは、今回はこの辺で‪✂︎‬

 

 

児童発達支援を使ってみたい!どうしたら?

f:id:kosodateptst:20220312211402j:plain


こんにちは!

 

理学療法士、保育士のゴンです!

 

今回は、“児童発達支援”についてです。

 

お子さまの問題行動を減らしたい!

言葉の発達を促したい!

運動面を伸ばしてあげたい!

 

そう思う親御さん、多いのではないでしょうか?

 

そんな時、力になってくれるのが“児童発達支援施設”です。

 

受給者証取得から始まり、支援施設を探し、必要な支援を選択する…

そんな一連の流れを説明していきたいと思います!

(支援内容などについては次回!)

 

 

受給者証とは…?

<概要>

ここでの受給者証は“通所受給者証”といい、児童発達支援や放課後等デイサービスなどの障害児通所支援を利用するのに必要なものです。

 

居住している市区町村に申請することでもらうことができます。

 

この受給者証があると、福祉サービスを1割負担で利用できるようになります。

また、利用者負担の上限額が定められており、生活保護世帯は無料、市区町村税課税世帯では所得割額に応じて上限額が4600円もしくは37200円となっています。

 

 

お子さんの年齢によってサービスの名前が変わります。

未就学のお子さんを対象としたものは児童発達支援。

6〜18歳のお子さんを対象としたものは放課後等デイサービスと言われます。

 

また、保育所等での集団生活へのアプローチである“保育所等訪問支援”や、“医療型児童発達支援”、“居宅訪問型児童発達支援”などのサービスもあります。

 

 

利用できるお子さんは、以下のように設定されています。

・身体もしくは知的に障がいのある児童

・精神に障がいのある児童

・障害者総合支援法の対象になる難病の児童

これらに当てはまらないお子さんでも、医師などから療育の必要性が認められれば申請できることがあります。

 

 

 

 

<受給者証申請>

受給者証申請〜利用までには大きく6つのステップがあります。

 

①施設の見学

利用したい支援施設の見学から始まります。

 

見学時点では受給者証は必要ないため、利用したいと思った時点で一度見学をしていいかと思います。

 

施設によっては4月にしか入所できない、順番待ちが必要などの事情がある場合も考えられるため、利用したと感じている方は早めに確認しておくのがオススメです。

 

 

②障害児通所支援の利用相談

居住している市区町村の担当窓口や指定された相談支援事業所に連絡し、通所サービスを受けたい旨を相談します。

 

③市区町村への申請

申請書や医師などの意見書、お持ちの方は各種手帳など必要な書類を持ち、お住まいの市区町村に申請します。

 

 

④通所支給の要否決定

市区町村の担当者の方と面接することによって、利用条件を満たしているかや、希望の利用頻度などを確認します。

 

 

⑤決定通知書、通所支援受給者証の発行

ついに受給者証の発行です!

 

通所支給の決定通知書に加え、支給量(月に何日サービスを利用できるか)や支援の種類、有効期間などが記載された受給者証が発行されます。

 

⑥施設との契約

受給者証が届いたら施設と契約ができます。

 

障害児支援利用計画が出来上がれば契約へと動くことができます。

 

施設との契約にあたって、重要事項説明書や、利用の頻度・スケジュール、支援内容などの確認をすることになると思います。

 

 

☆ちなみに話

受給者証の有効期間は最長でも1年間となっているため、サービスを継続するためには更新手続きが必要です。

 

有効期間終了の1〜2ヶ月前ごろに申請書などが送られてくるので、そちらに沿って手続きをします。

 

新しい受給者証が届いたら、利用している施設にも見せる必要がある場合が多いと思われます。

 

 

 

 

<支給量

支給量とは、支援を受けられるひと月あたりの日数のことです。

 

支給量が10日であればひと月に10回通える、といった具合です。

 

複数の施設を利用する場合には、全体の支給量(=総支給量)と、一つの施設に使える支給量(=契約支給量)などを意識する必要があったりします。

 

また、児童発達支援(通所でのサービス)と保育所等訪問支援の支給量は別となるため、それぞれのサービスごとに受給者証を申請する必要があります。

 

結構ややこしい話なので、実際に利用・契約することになったら細かく確認していただくと良いかと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

なかなか煩雑で大変に思われる方も多いと思います。

 

お医者さんの意見書をもらうのに手間取っている

とか、

申請はしたけど届くまで時間がかかっている

などご苦労されている方もいると聞いたことがあります。

 

でも!

保育園や幼稚園、習い事などでは得られないような経験ができることも確かです!

病院でのリハビリとも違い、支援内容の自由度が高いために色々な支援が受けられると思います。

 

次回は実際の支援内容について触れていきたいと思っていますのでお楽しみに♪

 

 

それでは、また!